セックス 挿入 体位

アダルトビデオばりに腰をふっても意味はない

シルエット画像6

ほとんどの男性は膣に挿入して一生懸命に腰を振ってピストンしたがります。その方が女性が感じると思うわけですが、実は挿入で女性が満足しない最大の原因が無駄なピストンにあります。

女性向けにセックスに関するアンケートをすると挿入よりも前戯の方が好きという結果がでることが多いです。それだけ男性の挿入後の動きに満足していない女性が多いのです。

そもそも膣内のほとんどの場所は性的に敏感な場所ではありません。Gスポットなどごく一部に強い性感帯は存在しますが、それ以外の場所はどれだけ擦られても気持ちありません。

そしてペニスでGスポットなどを刺激するのに闇雲なピストンは意味がありません。アダルトビデオを見ると男性がすごい速さでピストンをして女優さんも「イク~」といっていますが、あれは演出です。

男性がオナニーをするためにはその方が興奮しますが、女性に快感を与えるという意味では無駄なピストンは効果がないのです。

《必見》こうやって挿入されると女性はたまらなくなります

女性が感じる挿入法

女性にとってはピストン運動よりも大切なのが密着感。男性との密着感がある方が安心して性的にも感じます。

抜き差しするようなピストンではなく性器と性器がつながったままにします。つまり挿入してからペニスが膣から抜けないように小さく動けば十分ということです。この方が女性に快感を与えられます。

またこの方法だと摩擦が少なくなるので射精感をコントロールできて挿入時間も長くなります。ピストンするより長く挿れられていて、女性も気持ちいいという理想的な挿入方法です。

さらに腰を振るのに気を取られないので挿入したまま他の性感帯を責めるのにも適しています。耳・うなじ・口・乳首・背中・クリトリスなどを指と口で同時に愛撫します。

挿入されたままいろいろな性感帯を責めらたら女性は堪りません。蓄積された性感が一気に爆発して深い絶頂に近づいてきます。挿入だけで感じさせるという発想はやめて全身を愛してあげましょう。

ディープキス

シルエット画像5

1回のセックスで体位はどのくらい変えればいいのでしょうか?いろいろな体位のバリエーションがあった方が上手で経験豊富だと思われると考えている男性も多そうですが誤解です。

実は体位を変えすぎるのは逆効果にさえなることがあります。体位が変えるごとに女性の快感の流れが途切れてしまうリスクがあるからです。せっかくココロもカラダも盛り上がってきたのに集中できなくなったしまうのですね。

体位をコロコロ変えるものピストンと同じでアダルトビデオの影響が大きいですがやはり実際のセックスで真似をしてはいけません。セックスが上手い人ほどほとんど体位を変えません。

一番女性を気持ちよくさせられるのは正常位です。地味なようですが、

・性器と性器が密着しやすい体位であること
・お互いの顔が見えるから女性にとって安心感がある

という点でもっとも快感を得やすい体位です。女性に深い絶頂を迎えさせる観点からいえばアクロバティックな体位に意味はありません。

《特典有》「こんなの初めて…」といわれるセックステクニック