クリトリス 愛撫

クリトリスでイカせるのは簡単

シルエット画像1

クリトリスは女性にとって最大の性感帯。膣でイケるのは3割程度といわれていますが、クリトリスへの刺激では95%以上の女性がオーガズムを感じられます。

コツがわかればクリトリスを責めてイカせることは簡単ですが、その分だけ女性の絶頂感は膣内でイクことに比較すると大きくありません。なので1回イカせただけで満足してはいけません。適当に擦るだけではなく複合的な愛撫で何度もイカせるのです。

クリトリスは快感からの回復が早いので連続でイカせやすいのです。つまり「またイッちゃう」という状況がつくりやすいということです。そうしているうちに快感が蓄積されて、さらに大きな絶頂感が呼び起こされていきます。

クリトリス責めを極めたいならこちらが参考になります。

クリへの愛撫は優しすぎるくらいが基本

クリトリスは包皮を被せたまま愛撫した方がいいといわれていますがこれは嘘。いきなり包皮を剥いてしまって露出させます。その方が的確に快感を伝えることができるのです。そして触れるか触れないかの軽いタッチで愛撫します。

このとき「優しすぎるんじゃないの?」と思うくらいの触れ方でちょうどいいです。非常に敏感な場所なので最初のタッチが強いと快感ではなく痛みを感じます。そうすると神経が性的な快感をブロックしてしまうのです。

自分のペニスに置き換えてみてもわかります。最初からハードに亀頭を責められても快感より痛みを感じることがあります。クリトリスも同じです。軽いタッチは基本なので意識してください。こうしてごく軽いタッチを繰り返すだけで徐々に心地よい快感が蓄積されていきます。

シンプルイズベスト

シルエット画像2

剥き出しにしたクリトリスへの愛撫は利き手の中指がやりやすいです。まずは触れるか触れないか程度で上下にゆっくりと指を往復させましょう。

最初は期待する反応がでてこないこともありますが焦ることなく同じ動きを続けてください。時間が経つにつれて喘ぎ声が漏れはじめたり、腰がビクッと波打ち始めます。

はっきり感じる反応が見えてきたところで上下の動きから円を描くような愛撫を加えていきます。もちろんこのときも軽いタッチが鉄則です。

そしてシンプルな上下の往復と円を描くような指の動きをランダムに行います。敏感な女性ならこれだけでもイってしまいます。非常にシンプルですが闇雲に愛撫するよりはこの2つの責め方の方が遥かに効果は大きいです。

クンニリングス

唇や舌を使ったクリトリスへの愛撫(=クンニリングス)もいろいろな方法がありますが簡単で効果が大きいものをご紹介します。

指に比べるとクンニでは繊細な動きが難しいです。そこでポイントになるのが“触感”です。唇や舌は指よりも柔らかくねっとりとまとわりつくような触感があります。この柔らかさがクリトリスに効きます。

まず十分な指の愛撫(上下運動と円運動)でうっ血したクリトリスを唇で挟みこむようにします。そしてパクパクするだけ。舌はまだ使う必要がありません。

クンニというとすぐにぺろぺろ舐めたがる人がいますが、実はこの唇だけで与える刺激も指で愛撫された後のクリトリスにはかなり効果的です。これだけで悶絶してしまう女性も多いです。

クリトリス責め・クンニのテクニックを極めるならこちら